歌謡曲(JASRAC(社団法人日本音楽著作権協会)に作詞の登録があり、印税をほんの少しだけ貰った事もある)や駄玩具(以前、脱サラしておもちゃ屋を始めようと集めたもの)について書いていこうと思います。(他に懐かしいCM、おもちゃ、アイドル、アニメなど)

懐かしいおもちゃ 

赤いボタンを押すとリンクに飛びます

復刻版一覧はここから

限定版一覧はここから

仮面ライダー一覧はここから

ウルトラマン一覧はここから

ゴジラ一覧はここから

ロボット一覧はここから

懐かしいマンガ 

懐かしマンガ一覧はここから

懐かしいCD 

懐かしCD一覧はここから
Sony Music Shop

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

ジャンボーグ1 ジャンボーグ2

ジャンボーグAの切り離すタイプの角メンコである。

ジャンボーグAは、’73年に放送された特撮ものである。制作はウルトラマンで知られる円谷プロだ。

私はこの作品をあまり見た記憶がない。多分、数話見ただけで、それから見なくなったと思われる。

ジャンボーグAのデザインは決して悪くはない。

愛嬌の無い顔のウルトラマンAと比較してもかなり良い方のではないだろうか。

そこで、メンコの写真を見ながら、この作品を見なくなった理由を考えてみる。

答えはすぐに解明した。

主人公である立花ナオキの服装と、安易に車のハンドル模作した操縦ハンドルがダサかったからだ。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2010/09/17 10:21|懐かし駄玩具CM:2

 



点取占いは、一袋に10個程度のおみくじが入っている駄玩具である。

食べれる(当然だが)わけでもなく、ずっと遊べるわけでもないのに何故か買ってしまうアイテムなのだ。

くじを開けると、0~10点のいずれかの点数と丸い記号(○、●、または半分だけ塗りつぶしたもの)、さらに訳のわからない文章が書いてある。

確かではないが「食べ過ぎてお腹をこわした」「親に叱られた」という事後報告(この時点ですでに占いではない)で、あまり意味の無い内容だった記憶がある。

点取占い購入ページ


人気ブログランキングへ にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村

2010/06/11 08:00|懐かし駄玩具CM:0

 

本日、このブログを始めて丁度100記事目になる。

いつもご訪問頂き、ありがとうございます。

そもそもこのブログを始めたきっかけは、去年の11月に長年勤めた会社をリストラされ(約300人一斉だったのでそれほどショックではなかったが)、今まで忙しい毎日を送って来たので、これを機に今までの人生を懐古(解雇ではない)するつもりで書き始めたのが始まりである。
(景気が良くなるまで、嵐が過ぎ去るのを待つ意味もあった)

ネタには困らなかったので、毎日一記事を目標に更新してきたのですが、失業保険受給期間も残り少なくなり、そろそろ本腰を入れて就活しなければならなく(家には子ツバメもいることなので)、本日を機に3~5日置き程度(目標)の更新にしていこうと考えています。これからもお付き合い宜しくお願い致します。

とびだし1 とびだし2
とびだし3 とびだし4


さて、本日は飛び出す絵本の紹介である。

小学生の頃、初めて飛び出す絵本を見たときの驚きは、今でも鮮明に憶えている。

ページによってはレバーが付いていて、押したり引いたりすることで、ページの一部が動いたりした。

ただ丁寧に扱わないと、すぐに破けてしまうが欠点だった。

さらにページ数が少ないため、話の内容はそれほど面白いものではなかった。

ちなみにこの本は定価400円であり、当時にしては高価なものだろう。

ラッピング無料!開いてびっくり!アリスたちが絵本から飛び出します★ポップアップブック 「...


人気ブログランキングへ にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村

2010/06/08 08:00|懐かし駄玩具CM:6

 

フルーツ折紙

フルーツ折り紙は、爪の先で紙を擦ると匂いがする折り紙である。

大抵、そのイラストに描かれたフルーツの香りがした。(イラストがイチゴならイチゴの香り)

フルーツの種類も初めはイチゴやリンゴだけだったが、その後、子供雑誌の見開きの小さなページに掲載されるようになってくると、みかんやバナナ、メロン、スイカなど徐々に種類も増えていった。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村

2010/06/06 08:00|懐かし駄玩具CM:0

 



15パズルは、4×4のボードの上で15枚の駒を空いたマス目を利用して動かし、数字を並べる玩具である。

一見地味だが、これが意外にやり始めると癖になり面白い。

その後、アニメのキャラクターを盤面にプリントしたものも登場した。

現在では、ゲーム機やパソコンでも似たような遊び(擬似体験)が出来るが、やはり実物で完成させたときの喜びに勝るものはない。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村


2010/06/05 08:00|懐かし駄玩具CM:2

楽天 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

リンク 

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 

Copyright(C) 2006 70年代なつかし症候群【昭和コレクションシリーズ】 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。