歌謡曲(JASRAC(社団法人日本音楽著作権協会)に作詞の登録があり、印税をほんの少しだけ貰った事もある)や駄玩具(以前、脱サラしておもちゃ屋を始めようと集めたもの)について書いていこうと思います。(他に懐かしいCM、おもちゃ、アイドル、アニメなど)

懐かしいおもちゃ 

赤いボタンを押すとリンクに飛びます

復刻版一覧はここから

限定版一覧はここから

仮面ライダー一覧はここから

ウルトラマン一覧はここから

ゴジラ一覧はここから

ロボット一覧はここから

懐かしいマンガ 

懐かしマンガ一覧はここから

懐かしいCD 

懐かしCD一覧はここから
Sony Music Shop

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

タイガーマスクの主人公である伊達直人の名前を名乗り、子供たちにランドセル等のプレゼントを贈る「タイガーマスク運動」が全国で広がっているようだ。

中にはある中学生が自分のお年玉でスーパーマリオの絵柄の付いた文房具セットを寄付したというニュースも流れた。この中学生も伊達直人のニュースを見て、心に何か感じるものがあったのだろう。世の中まだまだ捨てたものではない。

ところで「伊達直人」以外の名前(鉄人28号、矢吹丈、星飛雄馬など)で寄付する人も現れているようだ。
ここまできたら「バカボンのパパ」はちょっと行き過ぎだとしても「プロゴルファー猿」や「番場蛮」でも良いような気がしてくる。

冗談はさておき、現在このニュースに関連して、原作コミックの注文が殺到しているようだ。

「タイガーマスク」は「デビルマン」と同じく、原作版とアニメ版では最終回が違っている。
アニメは、悪役レスラー「タイガー・ザ・グレート」との試合後、飛行機で国外へ旅立つシーンで終わるのに対し、原作では車に轢かれそうになった子供をかばって自分がはねられてしまうのだ。

SN3I0039_20110115120719.jpg

この直後、伊達直人=タイガーマスクであることがばれないように、最後の力を振り絞って川へマスクを投げ捨てた後、絶命するという、とても悲しい場面で終わってしまうのだ。

数日前のニュースを見ていたら、タイガーマスクの覆面を被った人が現れ「誰ですか?」というレポーターの質問に対し「伊達直人です」と答えていた。
原作版タイガーマスクが命尽きるまで守り続けた秘密をあっさりとばらしてしまっていた。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2011/01/15 11:58|懐かしマンガCM:4

楽天 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

リンク 

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 

Copyright(C) 2006 70年代なつかし症候群【昭和コレクションシリーズ】 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。