歌謡曲(JASRAC(社団法人日本音楽著作権協会)に作詞の登録があり、印税をほんの少しだけ貰った事もある)や駄玩具(以前、脱サラしておもちゃ屋を始めようと集めたもの)について書いていこうと思います。(他に懐かしいCM、おもちゃ、アイドル、アニメなど)

懐かしいおもちゃ 

赤いボタンを押すとリンクに飛びます

復刻版一覧はここから

限定版一覧はここから

仮面ライダー一覧はここから

ウルトラマン一覧はここから

ゴジラ一覧はここから

ロボット一覧はここから

懐かしいマンガ 

懐かしマンガ一覧はここから

懐かしいCD 

懐かしCD一覧はここから
Sony Music Shop

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 



忘れもしない私が中学生の頃、週刊誌の広告に、人の掌の上で微笑む可愛らしいペットのイラストが載っていた。

その名はシーモンキー。上にあるようなイラストで、まさに人魚姫の赤ちゃんではないか。

さらに説明書きには、2種類の粉末を水に溶かし、2週間ほど経過すると、数十匹のシーモンキーが誕生すると書いてある。

私は一緒に雑誌を読んでいた友人に「たくさん産まれたら一匹分けてあげる」と言って、早速、記載してあるショップの住所へと値段分の切手を送った。

約2週間後、ショップから商品が送られてきた。中にはプラスチックの容器と2種類の粉末の袋が入っていた。
早速容器に水を入れ、それぞれ2つの粉末をある一定の期間を置いて水に溶かした。

数日後、水の中に埃のようなものが漂っていた。近づいてよく見ると、動く生物ではないか。

その時は単純に感動した。

その後、その生物は増え続け、十数匹程度まで増えた。大きさも米粒ぐらいまで順調に大きくなった。

だが、その後、尾のようなものが長くなるだけで、何日経っても大きくならない。

それでも長い年月をかければ、掌サイズまで大きくなるのではないかと、淡い期待を持って育て続けた。(心のどこかでうすうすは気付いてはいたが)

友達との約束の手前、諦めるわけにはいかない。だが、その後、大きくならないまま数週間かけて徐徐に死んで行き、残り数匹となってしまった。

そんなある日の夜、そろそろ寝ようと布団を捲り上げながら敷いている時に、テーブルの上に置いてあるシーモンキーの容器を引っ掛けてしまった。

容器は倒れ、中の水は布団や畳の上にばら撒かれた。

私は慌ててシーモンキーを探したが、小さくて半透明なミジンコを見つけることは出来なかった。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2010/05/15 08:05|懐かし通販CM:2

コメント

Re: タイトルなし
いつもコメントありがとうございます。

せっかく育てたのに魚の餌用とは、ちょっと可哀想な気がしますね。
ワンわん。 #-|2010/05/16(日) 02:19 [ 編集 ]


今でも熱帯魚のお店に行くと「ブラインシュリンプ」という名前で入手可能です。
ちなみに現在主な用途は、魚の餌用らしいです。
cyah #PfX/bCJo|2010/05/16(日) 02:07 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


楽天 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

リンク 

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 

Copyright(C) 2006 70年代なつかし症候群【昭和コレクションシリーズ】 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。