歌謡曲(JASRAC(社団法人日本音楽著作権協会)に作詞の登録があり、印税をほんの少しだけ貰った事もある)や駄玩具(以前、脱サラしておもちゃ屋を始めようと集めたもの)について書いていこうと思います。(他に懐かしいCM、おもちゃ、アイドル、アニメなど)

懐かしいおもちゃ 

赤いボタンを押すとリンクに飛びます

復刻版一覧はここから

限定版一覧はここから

仮面ライダー一覧はここから

ウルトラマン一覧はここから

ゴジラ一覧はここから

ロボット一覧はここから

懐かしいマンガ 

懐かしマンガ一覧はここから

懐かしいCD 

懐かしCD一覧はここから
Sony Music Shop

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 


【動画見れます】遠心力を利用した科学玩具の地球ゴマです。タイガー商会地球ゴマ(地球ごま)...

地球ゴマは駄菓子屋で売られていたオモチャの中でも高額の部類に入るものだろう。

販売元のタイガー商会が登録商標を取得しているため、その他のメーカーのものは「バッタもん」である。

構造は保護枠の両端に回転コマの軸が固定されており、軸に開いた小さな穴に紐を巻きつけ引っ張ることで、中のコマのみが回転する。

一見何の面白みもないようだが、下記のような遊び方が出来る。

1、指先、ペン先などの上でも倒れずに回転する。
2、回転軸が直立した状態で綱渡りさせることができる。
3、回転力を保った状態で付属のプラケースの中に入れて角を立てると、ケースごと回転する。
4、地球ゴマを大小2つ用意し、横向けにした地球ゴマと直立した地球ゴマの軸先端を連結させるとその姿勢のままで回転し続ける。

但し、4番については金銭的に2個買える余裕がないと出来ないため、私は試したことがない。

サイズは、特大サイズNo. A(外枠径64mm)、大サイズNo. B(径54mm)、中サイズNo. C(径47mm)、小サイズNo. D(径42mm)、特小サイズNo. E(径38mm)の5種類だが、すでに、No. DとNo. Eは生産終了しているようだ。

ちなみにこの記事を書いたきっかけは、「平成教育委員会」で地球ゴマを使った問題が出題され、今でも製造されているのかが気になり調べたことによる。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2010/05/20 08:05|懐かし駄玩具CM:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


楽天 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

リンク 

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 

Copyright(C) 2006 70年代なつかし症候群【昭和コレクションシリーズ】 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。