歌謡曲(JASRAC(社団法人日本音楽著作権協会)に作詞の登録があり、印税をほんの少しだけ貰った事もある)や駄玩具(以前、脱サラしておもちゃ屋を始めようと集めたもの)について書いていこうと思います。(他に懐かしいCM、おもちゃ、アイドル、アニメなど)

懐かしいおもちゃ 

赤いボタンを押すとリンクに飛びます

復刻版一覧はここから

限定版一覧はここから

仮面ライダー一覧はここから

ウルトラマン一覧はここから

ゴジラ一覧はここから

ロボット一覧はここから

懐かしいマンガ 

懐かしマンガ一覧はここから

懐かしいCD 

懐かしCD一覧はここから
Sony Music Shop

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

ヒカシューとプラスチックスは共に’79年にデビューしたテクノポップ系のバンドである。
(正式にはプラスチックスの日本デビューは’80年である)

ヒカシューは「20世紀の終りに」(近田春夫プロデュース)、一方、プラスチックスは「COPY」で英国デビュー後、翌年1月に「TOP SECRET MAN」で日本デビューを果たした。

さらに両バンド共に、現在も活動しているというから驚きだ。

ところでプラスチックスは、当時マスコミから「ピコピコ系」と呼ばれていた。

彼らの音楽を聴いて「ピコピコ」ではなく「イライラ」するのは私だけだろうか。








人気ブログランキングへ にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村
2010/05/23 08:00|懐かし歌謡曲CM:4

 

大橋純子は、私が「この人、歌がうまい」と認識した初めての歌手だった気がする。

小柄な体型のどこからあのような声量が出るのだろうと思ったものだ。

また当時(今は違うが)サブちゃん(北島三郎)の事務所だったことも驚かされた。

「シンプル・ラブ」「たそがれマイ・ラブ」「サファリナイト」「シルエット・ロマンス」などがヒットしたが、私は 「サファリナイト」が一番のお気に入りだった。

また、もんたよしのりとのデュエット曲「夏女ソニア」もGoodである。




ザ・プレミアム・ベスト 大橋純子


人気ブログランキングへ にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村
2010/05/18 08:00|懐かし歌謡曲CM:0

 

今日は懐かし歌謡曲を紹介。

松原みきは’79年にファーストシングル「真夜中のドア〜Stay with me」で歌手デビューした。

この歌はヒットし、私も好きな曲だが、これ以降のリリース曲は全く憶えていない。

また当時、食い入るように夢中で見ていたNHK「レッツゴーヤング」の司会をされていたようであるが、それも記憶にない。

美人で歌も上手いのに、なぜこれほど印象がないのか、私にとっては不思議な人物である。




松原みき ベスト・コレクション


人気ブログランキングへ にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村

2010/05/10 08:05|懐かし歌謡曲CM:0

 

昨日、カスペ!芸能界の告白に高田みづえが出ていた。引退当時とそれほど変わっていなかった。

芸能界を引退して25年、時の経つのは早いものである。大きな娘さんもいるようだ。

角界は大変厳しいところである。だが彼女は幸せそうな顔をしていた。親方(旦那)を愛しているのが傍から見ても良く分かった。

ところで当時、高田みづえの歌唱力には度肝を抜かれたものだ。
デビュー曲の硝子坂はもちろん名曲ではあるが、もし彼女が歌わなかったらヒットしてなかったのではないだろうか。
その後に出した「だけど・・・」「ビードロ恋細工」「花しぐれ」も彼女の歌唱力あってのヒットだろう。




高田みづえ ベスト・コレクション
   

2010/05/05 00:00|懐かし歌謡曲CM:2

 

昨夜はHEY!HEY!HEY!を久しぶりに見た。

最近はなつかし番組になっているようだ。

私としては当たり前すぎる歌手ばかりでちょっと物足りない気がした。
(唯一、渋谷哲平と川崎麻世の映像が貴重だったぐらいか)

そこで今日は「あ!いたいた」と思わず言いたくなるような人物を紹介したいと思う。

リューベン&カンパニーというグループを憶えているだろうか。

下の動画を見て頂くと思い出す方もいるのではないだろうか。

「薔薇の嵐」という曲は結構ヒットした。それに今聴いても結構いい曲である。

私の記憶が正しければ、彼(リューベン)はデビュー前、char(気絶するほど悩ましいで有名)のバックバンドをしており、ルックスが良かったためか、人気が出て、単独でバンドを結成しデビューした。

ドラムを叩きながら歌うスタイルは、稲垣潤一やCCBよりも先である。

ところで、動画映像の最後のメンバー紹介で、本人(リューベン)がドラムを叩いて歌っているにも拘らず、さらにドラムメンバーがいるのは何故だろう。



ポチっとして頂けると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村
2010/04/27 08:07|懐かし歌謡曲TB:0CM:0

楽天 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

リンク 

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 

Copyright(C) 2006 70年代なつかし症候群【昭和コレクションシリーズ】 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。